女性

幅広い分野で活躍ができる

フードコーディネーターは、食のスペシャリストとして幅広い分野で活躍することができる資格です。フードコーディネーターの資格として、フードコーディネーター協会が指定する認定試験があります。一番初級である3級を受けるためには、1万千円の受験料と合格後の登録料として2万千円が必ず必要となります。

詳しく見る

白衣の人

今注目の資格

フードコーディネーターになるためには、必ず取得しなければいけない資格はありません。ただ、フードコーディネーター資格認定試験にクリアしていたほうが有利です。3級から1級までがあり実際、フードコーディネーターとして働くには2級以上の資格が必要です。

詳しく見る

野菜を切る

どんな資格なのか

フードコーディネーターの資格は食の専門家として役立つ資格です。飲食業界で働いている人や、家族の食事をきちんと考えたい人などが持っていると役立つことでしょう。それに、美容や健康にも役立ちます。取得するには専門学校に通うか、通信講座を受講しましょう。

詳しく見る

食に関する仕事に就くなら

お鍋

食に関する知識を得よう

食事に関するビジネスは数多くあり、その仕事に大きく関わることができるのがフードコーディネーターという職業です。一般的なイメージとしては、食べ物を美味しそうに見るように盛りつける仕事だと思われがちですが、それだけではなくさまざまな分野で活躍することができます。たとえば、料理の新たなレシピを研究したり、調理の楽しさを教えるために講師にだってなれたりします。したがって、いろいろな職場に就職できるため、食に関するビジネス業界で働きたい方にはピッタリだといえるでしょう。しかし、自分でフードコーディネーターを名乗ったとしても、腕前やセンスがなければ、仕事に就くことはできません。そのため、それらを磨くために修行が必要になるのですが、ジャンルが多岐にわたるので、専門学校などの教育施設で学んだほうが確実でしょう。一年から二年ほどで学習できるため、数年後には立派なフードコーディネーターとして活躍ができています。なお、フードコーディネーターには認定試験があるので、そちらに対応した専門学校を選んだほうがよいです。もちろん、受けなくてもフードコーディネーターにはなれますが、就職を考えるのなら、合格しておいたほうが有利になるでしょう。また、フードコーディネーターになりたいのなら、取得しておいたほうがよい資格があります。栄養士や調理師などがあるため、どのようなフードコーディネーターになりたいのか考えて、それらも取得できる専門学校を選びましょう。

コック

食の専門家と言うべき職業

フードコーディネーターは特別な資格は必要としないものの、フード業界の中でも幅広い知識が必要とされる職業の一つです。そのため、専門学校を選ぶ際にはどこでも良いというわけではなく、幅広い知識が得られるようにと多くの資格取得を目指すことが出来る学校を選ぶように注意が必要です。

詳しく見る

コック

食事で健康は左右される

食べることは生きるために一番大事な行為です。その食に関する職業のフードコーディネーターは今後もなくならないですし、食で人を幸せにすることができる素晴らしい仕事です。そんなフードコーディネーター学校選びは清潔感と経歴が大事ですので覚えておきましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 食のプロとなるフードコーディネーター【さまざまな分野で活躍】 All Rights Reserved.