幅広い分野で活躍ができる

女性

食の専門家になれる

フードコーディネーターは、食品開発やレストランのプロデュースなど幅広い分野で活躍できる資格です。テレビや雑誌など、フードコーディネーターの活躍の場はより広がりをみせています。フードコーディネーターの国家資格はありませんが、日本フードコーディネーター協会が認定試験を設けています。認定試験には、3級から1級までの段階に分かれています。1級フードコーディネーター試験に合格すると、食のスペシャリストとして活躍できる知識を持っているという証明となります。3級フードコーディネーター認定試験の受験資格は、中学卒業以上であることのみです。そのため、市販のテキストを買い独学で勉強をすれば、一番安く学習をすることができます。受験には、1万千円の受験料が必要です。また、資格取得後に2万千円の受験登録料がかかります。つまり、どんなに安くても受験には必ず3万2千円の費用が必要になるということです。独学以外にも、専門学校やスクールを利用してフードコーディネーター資格に関する知識を学ぶ方法もあります。3級資格は、フードコーディネーター協会が指定する学校を卒業すれば受験しなくても取得をすることができます。独学に比べて費用はかかりますが、試験を受けなくても良いというメリットがあります。専門学校は卒業までに200万を超える学校もあります。通信スクールなどは、2万5千円程度で学べるスクールもあります。専門学校ではフードコーディネーター以外の食に関する知識を学ぶことができます。通信スクールは、働きながら学ぶことができるメリットがあります。それぞれに合わせた学び方を選べば、無理なくフードコーディネーターになるための学習をすることができます。

Copyright© 2018 食のプロとなるフードコーディネーター【さまざまな分野で活躍】 All Rights Reserved.