食の専門家と言うべき職業

コック

様々な資格の取得を

フード業界の中でも特に幅広い知識が必要とされるのがフードコーディネーターです。フードコーディネーターは名前の通り食べ物をコーディネートするのも仕事の一つとなっていますが、それだけではなかうマネジメントやプロデュースも行うなどその活躍の場は多岐に渡ります。フードコーディネーターになるためには特別な資格は必要とされないため、独学で目指すという人もいればフードコーディネーターとして活躍しているプロの人のアシスタントから始めるという人もいます。しかし、多くの人は専門学校に通ってフードコーディネーターとして活躍するための知識や技術を学ぶことになります。ここで注意したいのはその際の専門学校選びについてです。現在日本にはフードコーディネーターを目指す人が通うための専門学校は数多く存在しており、調理専門学校もあればパティシエなどの専門学校もあります。そういった中から自分に合った専門学校を選ぶことになりますが、その際には出来るだけ多くの資格を取得出来る専門学校を選ぶことが大切です。フードコーディネーターになるために必要な資格はありませんが、持っていると有利になる資格や取得を目指す過程で得られる知識が役立つとされる資格は少なくありません。調理師免許を始めとし、栄養士の資格などもフードコーディネーターとして活躍する際には役立つとされる資格となっています。幅広い知識が必要とされる職業であるため、専門学校を選ぶ際には様々な知識を得られる学校を選ぶ必要があるのです。

Copyright© 2018 食のプロとなるフードコーディネーター【さまざまな分野で活躍】 All Rights Reserved.