今注目の資格

白衣の人

資格を取得したい

出版や広告などの料理作りやスタイリングなどの仕事を手掛ける、「フードコーディネーター」は人気の高い職業です。フードコーディネーターとして働くために、必ず取得しておかなければいけない資格はありませんが、やはり資格を持っていると有利に働きます。資格は日本フードコーディネーター協会が主催する、「フードコーディネーター資格認定試験」で、3級から1級までの資格を取得することができるようになっています。試験の難易度が低い3級はフードコーディネーター入門レベル、2級はアシスタントレベル、1級になるとプロとして業界内で働けるという目安となるようです。自己流で勉強してフードコーディネーターの資格を持つことも可能ですが、より効率的に資格取得を目指すならスクールに通うと良いでしょう。全国にある調理専門学校や短大の中には、フードコーディネーター協会が認める認定校が存在しています。認定校で学べば試験を受けなくても3級の資格を持つことができるので、早く資格を取得したいらな認定校で学ぶと良いでしょう。3級はあくまで入門レベルでフードコーディネーターとして、実際に働くには2級以上の資格が必要と言われていますが、2級は3級をクリアしなければ試験を受けられません。ですので、まずは3級をクリアするためにも、認定校となっている調理学校や短大で学ぶのがおすすめです。専門学校や短大以外にも資格対策を行っているスクールに通う、通信講座で学ぶといった方法もあります。

Copyright© 2018 食のプロとなるフードコーディネーター【さまざまな分野で活躍】 All Rights Reserved.